Select Page

This post was originally published on this site

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 盖特第一批注册

1月16日、郭文貴氏はGETTR(ゲッター)の投稿で、中共ウイルス(新型コロナウイルス)と中共ウイルスワクチン(コロナワクチン)、経済危機にもたらした影響で、2022年は人類にとって最も暗い一年間になると明らかにした。 現在、ほとんどの投資ファンドが下落は20〜40%程度だから世界経済はそれで崩壊しないと勘違いしている。 明らかに、中共は人間性の醜い部分を活性化させることに成功したのだ。

多くの庶民が破産、失業、あるいは全財産を失うことになるだろう。 多くの政府関係者が、経済危機が早く到来し、崩壊が徹底的になれば、政府が金を稼ぐための金融商品をもっと作り出すことができると裏で検討しているようだ。 彼らは、食べるものもなく、住む家も無くなった場合、国民が逆にもっと働くようになると考えている。

これが支配層の醜い顔である。 郭氏は、中共の統治下の中国だけでなく、世界中の人々は貪欲、憎しみ、偽善、利己主義、無関心、さらには悪魔的な側面さえも持っていると述べた。中共、共産主義は悪の火口に火をつけた、中共がウイルスの放出とワクチン接種義務付という完璧な計略を仕込んだことで、抑制されていた人間性の醜さが爆発し無限に拡大されたのだ。

中共は、ワクチン推進派と反ワクチン派の世界的な争いを引き起こし、元々安定していた社会が混乱に陥っている状態を嬉々として楽しんでいる。 郭氏は、メディアや大手ファンドは、中共がコーヒーを飲むために使うスプーンのような道具に過ぎないと述べた。しかし、中共は、苦しむ時が来たら、国民はただ黙って死を待つだけでは済まないことを忘れている。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;}
#post_policy ul li{
list-style:none !important;
display:inline-block !important;
padding:10px !important;
}
#post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;}
#disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;}
#post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Pin It on Pinterest

Share This