Select Page

This post was originally published on this site

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 小火苗

テキスト

自動的に生成された説明

1月2日付中共メディア報道によると、2022年は収入源がない上に借金の重圧も重なり、中共国の国民にとって貧困の年となるという。

報道によれば、中共国内では大勢の人が借金をしており、そのほとんどが巨額のローンを組んでおり、ネットローン、クレジットカード、住宅ローン、自動車ローンなどの借金が一般的だという。あらゆる種類の借金を合わせると、現在中共国内で借金を抱えている人の数は控えめに見積もっても6億人を超えており、国民の42%が返済のための借金を抱えていることになり、実際の数はもっと多いかもしれない。負債を抱える人の増加により、近年、一般消費者全体の消費力が急激に低下し、様々な消費行動に大きな影響を及ぼしている。

中共ウイルスの猛威と西側諸国による中共への制裁の下、中共経済は崩壊寸前であり、多くの企業が閉鎖、倒産している。関連する数字が示すのは、中共国全体の失業者数は1億2千万人に達し、次に仕事と収入源を失う人はさらに増える見込みだ。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;}
#post_policy ul li{
list-style:none !important;
display:inline-block !important;
padding:10px !important;
}
#post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;}
#disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;}
#post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Pin It on Pinterest

Share This