Select Page

This post was originally published on this site

翻訳:待命(文暁)

(画像は本記事のリンクによるものです)

11月12日のフロントライン·アメリカ (FrontlineAmerica)の報道によると、メリック・ガーランド (Merrik Garland)が権力を奪回した後、彼はすぐにスティーブン・バノン (SteveBannon)に対して訴訟を起こしました。これはバノン氏の支持者からの大きな反響を引き起こした。

テクノロジーの巨人によって支配されているツイッター上でさえ、人々の反対を隠す方法はありません。保守的な司法省のトム・フィットン(Tom Fitton)は、"ガーランド司法省によるバノン氏の迅速な起訴は、並外れて恐ろしい権力の乱用である」とツイートした。 モーリーン・バノンはバノン家の3世代の写真をツイートした。

米国のマット・ゲーツ(Matt Gaetz)議員は、バノンは何も悪いことをしなかったと言った。ミズーリ州の第56代知事であるエリック・グレイテンズ(Eric Greitens)はバノン氏をアメリカの第一戦士であり、愛国者であると称賛した。トランプ元米国大統領の特別補佐官であり、2020年の戦略顧問であるボリス・エプシュテイン(Boris Epshteyn)も、愛国者としてバノンを支持しています。マイケル・T・フリン(Michael Flynn)将軍はタッカー・カールソン(Tucker Carlson)の番組で次のように述べています。"これは、民主党が国家を完全に乗っ取った速度を確認するために行動を起こしていることを示している。"

このニュースをリリースした一時間後で、バノンは彼の戦闘室に現れて:"戦闘室には泣き声はなく、あるのは相手との間の戦いだけだ"と述べた。期間中、バノンは起訴についてコメントしなかった。

数え切れないほどの支持者が"私はバノンと一緒に立っている"と表明している。

情報源

(この記事は筆者の個人的な意見です)

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;}
#post_policy ul li{
list-style:none !important;
display:inline-block !important;
padding:10px !important;
}
#post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;}
#disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;}
#post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Pin It on Pinterest

Share This